2年以上不調が続いた重症のコロナ後遺症

4 min 502 views

患者

29歳 男性

期間

2021/10〜2023/3

症状

症状

・頭、耳のつまった感じ

・不眠

・身体を動かすと倦怠感が現れる。(横になりたいくらいの怠さ)

・寒気、四肢のシビレ、(特に腕、手)、火照り

・寝起きの不快感、怠さ、胃の不快感、喉の不快感

・慢性上咽頭炎

など様々

 

2020/12にコロナになり、その後体調を崩す。元々は筋トレやゴルフなどアクティブな生活を送っていた。

 

幸いブレインフォグのような症状はなく、リモートでデスクワークの仕事はできている。

県内のコロナ後遺症の病院に通院中、後遺症で有名な先生の病院にもオンライン受診をしている。

慢性上咽頭炎の治療のためにBスポットにも通っている。

薬を色々と試してみている。漢方も出されている。

施術

初回

首肩周りの緊張があったのでまず緩めるように施術を行った。

コロナ後遺症になり、整骨院や整体に通った事もあり、施術後に体調を崩す事があったそうなので刺激量は少なめに施術を行った。

 

2回目 1週間後

今週は後遺症の症状が出る回数が少なかった気がする。

Bスポットには週2回行っている。まだまだ出血があるので炎症がある様子。

首肩こりは少しいいかも

こめかみ辺りが押さえると痛みがあり、ここがつまるような感じが出る。

 

3回目 1週間後

後遺症の症状は少し良さそう、耳の前の辺り、こめかみが押さえると痛みでる。

首を右に振り向くと首が動きにくい

 

4回目 1週間後

今週は調子が悪かった。つまる感じと手のシビレも出た。今までお風呂には浸かっていなかったが浸かってみたからかもとの事

(お風呂に浸かるとのぼせてコロナ後遺症の症状が悪化するため浸かってなかった。)

そのせいで睡眠がとれていない。Bスポットは新たに炎症している部分が見つかる。

 

5回目 1週間後

眠剤を変えて、日常生活を気にしているため状態は前回から悪くなっていない。

こめかみがつまる感じがする。これがあるのとないのとで調子が決まる。

 

6回目 10日後

調子は崩してはいない。明日ちょっと遠出をする。

 

7回目 10日後

何もしなければ調子は悪くないが、ストレッチや運動(力を入れるような)をすると症状が出てくる。散歩などはできるようになった。

 

8回目 1週間後

調子はまずまずで、漢方を変えて睡眠が浅くなり、調整中。

スクワットを2回すると頭がつまってしまって症状が悪化する。

 

※この辺りから頭やこめかみにも鍼をしていくようになる。

 

9回目 1週間後

調子は割りとよく、引き続き同様の施術を行う。

 

10回目 10日後

調子は割りとよく、家族と旅行にも行けた。しかし温泉には浸かれなかった(体調を崩すと怖いため)

 

14回目

お風呂に入るようになってきた。しっかり目にストレッチをすると頭がつまり、手が痺れる。

 

16回目

お風呂に長時間浸かると症状が悪化する。上咽頭炎はかなりよくなったみたいで通う頻度が少なくなった。

 

19回目

先週の水曜に胃薬を減らしその後胃の調子を崩し、微熱と頭重感が出ている。

 

20回目 

体調は回復し、軽めの筋トレができるようになる(スクワット10回、腕立て10回)

胃腸の調子はイマイチで胃がキリキリする。

 

21回目

前回より調子は良い。

胃の痛みは減った。夜中の中途覚醒があり、午前4時に起きてしまう。

軽作業をして腰がだるい

 

22回目

今週はちょっと筋トレとストレッチをしすぎたせいか頭重感やつまり感が出ている。

睡眠に関しては薬を調整した。胃の方は落ち着いている。

 

23回目

今週は調子が悪い。睡眠も悪い。胃にも違和感がある。運動は控えめにした。

こめかみを押さえると痛みが出る。

気候の変わり目のせいかも

 

24回目

3回目のワクチンの副反応で体調を崩し、カロナールを飲んだ。2日で落ち着いた。そこから調子は少し上向きになった。

 

25回目

調子が以前の崩す前まで戻ってきたかも

薬も変えた。

 

28回目

調子は悪くない。股割りやおしりのストレッチをすると症状が悪化する。

上半身だけ軽くやる分に平気。

負荷のかけ方によって症状が悪化するのか検討中

 

30回目

調子は良い方でスクワット18回、腕立て20回できるようになった。

 

32回目

筋トレも少しずつできるようになるが、やはり症状(こめかみのつまり感)が少し出てしまう。睡眠をもっと取りたい。

 

34回目

調子は良いが、胃薬をやめたら胃の不快感が出てしまった。

 

36回目

漢方を調合してくれる薬局へ行き、胃の調子は少し良くなり、頭重感も前よりマシになってきた。

 

37回目

暑い中軽作業をやり、暑さにやられたのかかなり調子を崩す。症状が悪化する。

 

38回目

調子は良くない。総合内科の東洋医学の先生に頭の瀉血(血を出す)してもらったらと提案される。

 

40回目

漢方を変えつつ様子を見ている。調子は少しよくなってきたが、負荷がかかるとこめかみがつまって手が痺れる。

 

41回目

調子は戻ってきている。負荷がかかると症状が出る。

 

42回目

調子も戻りつつあり、今までぼやっとしてわかりにくかったがこめかみより耳の辺りが原因の気がする。胃の調子は良くなってきた。

気になる部分にピンポイントで鍼をするようにした。

 

43回目

前回の施術でつまり感がかなり軽くなってた。胃痛が少し出る。

 

46回目

今まで一番調子がいいかも

 

50回目

調子は良く、症状はかなり軽くなった。

 

51回目

2年ぶりに出勤ができた。飲み会にも参加できるようになった(お酒は飲んでいない)

体調の改善を1番実感している。

 

53回目

風邪を引き、調子を崩す。

 

54回目

割りとすぐ調子戻り、ときどき出勤もできている。

 

55回目 

調子も良く、久々に友人と長時間話をしたら少しこめかみのつまる感じが出た。

 

56回目

調子は良く、仕事にも本格的に復帰ができそうな兆しが出た。実家で休養していたが、一人暮らしにも戻れる予定

 

57回目

昨日、今日と吐き気があり、軽い胃腸炎のような感じになった。

 

58回目

体調は落ち着いて、徐々に復帰にむけて準備をする。

 

62回目

症状は1割ほど残っているが、調子は良い。

 

66回目

筋トレもできるようになり、日常生活に支障はほぼなくなる。

 

70回目

もう症状はほとんど出なくなった。

 

74回目

施術後は治ったかもと思うほど調子はよい。東京出張にも行けるようになった。

 

77回目

仕事もこなせるようになり、ほぼ完治したといえる程に回復した。

 

一応これで施術を終了した。

考察

現在で当院のコロナ後遺症の症例で1番重い方であった。

初めの頃は全体的に首や肩を緩めていき、症状の改善が早くなったのは頭とこめかみ、耳の施術を加えた頃からであった。

当初の1番困っていた頭や耳のつまった感じが大元の原因だったのかと思われる。

ただ最初はボヤッとした感覚で分からなかった。施術を進めていくにつれてつまった所が絞れるようになったので最初の施術も必要だったのではないかと考えられる。

ここまでの重症な後遺症の方は診たことがなく、探り探りの施術になった。調子には波があり、良くなったり悪くなったりを繰り返したが諦めずに良くなると信じて通ってくれた事に感謝である。

いわゆるブレインフォグのような事はなく、聡明な方だったので様々な感覚を言葉で伝えて頂きとても勉強になった症例である。

関連記事