なかなかよくならなかったの手湿疹

1 min 35 views

患者

29歳 女性

期間

2021/8~10

症状

昔からよくなっていたが、ここ1年プライベートや子育てなどでストレスが溜まっているのか、特にヒドく常に水疱ができてそれが潰れたり、皮膚が割れたりとても困っている。手が熱く感じアイスノンで冷やしながら寝たりしている。

最近は食欲も落ちてきて、体重減少も気になる。

施術

初回

首コリ、肩コリが昔からヒドくご主人によく揉んでもらっている。頭痛持ちでよく薬を飲むことも多い。

まず手の熱感は首コリなどが影響しているのではないかと首コリを緩めるように施術を行った。次に手の熱感を抜けるように手に施術を行った。

 

2回目 6日後

手の調子はここ1年で1番良く、アルコールが滲みなくて過ごせている。

前回と同様の施術を行い、加えて背中を緩めるように施術を行った。

3回目 10日後

3日前まではすごく調子よく、かゆみはほぼなかった。その後はかゆみが出たりしているが、以前ほどではない。水疱はまだできているが、肌荒れは以前よりはよい状態が続いてる。

4回目 15日後

かゆみが出るが最初に比べると落ち着いている。現在は皮膚科でもらっていた薬を使っていなくても平気になっている。

以前はご主人によく肩を揉んでもらっていたが、揉んでもらう事なく頭痛を感じる回数も減っている。

5回目 1ヶ月後

ここ1週間はプライベートがとても忙しくて手荒れがヒドくなっている。水疱も出来ているとの事。

施術後は状態はよくなっている。

考察

当院の考え方では手湿疹なども熱の循環が上手くできなくなっている事が多い様に感じている。

その循環を妨げているのは首、肩コリなどの緊張ではないかと考えてた。もちろん局所的な手の循環の改善も必須である。

今回のお困りの症状もかなりの改善をみせたが、手湿疹や皮膚の症状は増悪を繰り返してすぐには良くならないのが現実である。そのため根気も必要である。

余談

今回の患者さんは良くなっては来なくなり、また悪くなっては来られるという形で最終的には途中で来られなくなってしまった。こちらの説明不足などもあったのであろう。

今回のケースは完全に改善したケースではないが、皮膚疾患の全てが良くなるとは言えないが鍼灸を選択肢の中に入れて頂ければ幸いと思い書かせていただきました