タグ別アーカイブ: 鍼灸,活法,整動鍼,顎関節症

顎関節症

顎 関 節 症 と 鍼 灸

 

* * こ の 様 な 症 状 あ り ま せ ん か * *

口を大きく開けることができない(顎が指3本以上開かない)

・口を開閉する時にミシッ・カクッ・ピキッなどの音がする(痛みを感じる)

・朝起きた時、顎が痛く重たいことが多い

・歯ぎしりをしていると言われる

・頭痛・肩こりがなかなか改善されない・耳鼻科では異常なしと言われたが、耳に違和感がある

 

 

顎 関 節 症 と は ?

顎関節症の代表的な症状は,

①「あごが痛む(顎関節痛)」

②「口が開かない(開口障害)」

③「あごを動かすと音がする(顎関節雑音)」

の三つで、このうち一つ以上の症状があり,鑑別診断で他の疾患がない病態を『顎関節症』といいます。
20〜30代がピーク、女性に多い。子ども〜高齢者まで幅広くみられますが、年齢では10代半ばから増え始め20〜30代が多く、女性は男性の2〜3倍。なぜ女性の方が多いのかはよくわかっていませんが、女性の方が筋肉の緊張やストレスに対して感受性が高く痛みにも敏感なことが関係している。

原 因 は ?

一般的には、顎関節症の原因はさまざま考えられ、それらの原因が重なり合っている場合が多いといわれています。

・姿勢の悪さ

・噛み合わせ

・精神的ストレス(食いしばり・歯ぎしり)

・外傷(ぶつけたなど)

・その他の病気

予 防 法 は ?

多くは保存的治療で対処しますが,症状によっては外科的な治療を行う場合も希にあります.

通常は鎮痛薬の規則的な服用で,関節内の炎症を鎮めるとともに,スプリントといわれる,プラスチックの

板を歯列全体にかぶせる保存的な治療が一般的です。

当院が行う整動鍼では直接顎関節を狙うのではなく、顎関節症の人に共通のする首のコリ、肩のコリ、背骨

(脊柱)のコリを解消するように施術を行っていきます。

顎関節症には肩こり・背骨(脊柱)の動きが深く関わっています。一度、当院の施術をお試しください。

もりろん、肩こり・歯ぎしりにも対応しています。

一般的には保存治療が主になっていますが、鍼で改善できるかもしれません。

 

30代昔から気になっていた顎関節症

 

実際の顎関節症の症例はこちら

 

 

顎関節症

 

症例3 寝返りで起きるめまいと顎関節症

施術回数 2回

2~3日前から寝ていて寝返り、首を起こすとグラグラっとめまいが起こるようになり、病院に受診したが特に異常もなく、様子を見てと言われる。めまいが起きる前に大きなあくびをしてそれから顎に痛みが出て、口が開きにくくなった。元々20年来の顎関節症持ちで指が縦に2本ぐらいしか入らない。なぜか身体の右側に疲れが出やすい。顎も右側の方が痛い。

 

症例2 20年もの間続く顎の不調

患者 
30代 女性
来院
2018年5月~2018年8月 計8回
症状と来院理由
10代の頃から顎の激痛があり、一番ひどいときには歯ブラシも入らない程口が開かなかった。現在では激痛は以前と比べるとないものの痛みはあり、口が開かない、朝顎が重だるい、硬いものが食べれない、口を開けるとミシミシっと音がするなど日常生活でも困っていた。以前当院に逆子で来られていた。当院が顎関節症に力を入れているのを知り来院した。


1診目 首、肩、背中を丁寧に触診し、特徴的なコリを見つけ、そこに対応する手のツボに鍼をした。次いで背中のツボに鍼をし、顎の調子を尋ねると顎が開きやすくなったとの事なので施術を終了した。
2診目 (1週間後) 前回の施術後3日ぐらいは調子がよく顎が開けやすかった。歯医者さんに行ったがいつも口を開けている時間が苦痛だったが今回は楽に口を開けていることが出来た。その後また顎の不調が戻ったが施術前よりはかなり楽になっている。前回と同様に施術し、お尻のツボを加えた。顎の痛み、重だるさが軽減したので施術を終了した。
3~5診目 週に1回ペースで同様の施術を行った。口を開けるのも楽になり、朝の重だるさはだいぶ楽になってきた。音もさほど気にならなくなってきた。
6~8診 2週間に1回ペースになり、日常生活ではほぼ顎の不調も感じなくなり、硬い物も食べれるようになったので卒業となった。
主に使ったツボ
養老L、T4(2)L、T6(2)R、膀胱兪L
考察
今回は約20年もの間長く患った顎関節症であった。痛みこそ激痛ではないものの日常生活では色々な事に支障が出ていた。顎関節症の場合、顎にだけ注目してしまうが本当の原因は他にあるかもしれない。今回の場合は背中、お尻周りの緊張が顎の動きを制限していた症例だった。背中だけでも顎の動きは改善していたが、また戻ってしまっていた。その下にあるお尻のツボを加えることにより症状も安定していった。このように一見関係のないように思える部位でも体は連動している。その連動をうまく整えてあげることができれば長年の不調も十分改善できるようになる。
患者様の声

症例1  急にアゴがガクガク鳴りだした顎関節症

患者 
90代 女性
来院
2017年11月
症状と来院理由
朝起きたらアゴがガクガク鳴りだし外れそうな気がする。心配になりかかりつけの歯医者に行き、診てもらった。高齢のわりには骨には特に異常は見られない。もし外れたら受診するように言われた。口を開ける、会話中もガクガク大きな音がする。痛みはあまりないがいつ外れるかわからないと心配で食事がなかなかとれない。特に右側のアゴが鳴ってる。

以前から当院に通院しており患者から相談があり、施術することに。


治療内容と経過
1診 首から背中にかけて丁寧に触診したところアゴの関係がある背中に強いコリを感じ、手首にあるツボに鍼をした。
次に肩甲骨周辺のコリに2ヶ所鍼をし、口を開けてもらうと音が小さくなってるのを確認して施術を終了。

2診 2日後、口を開けたときの音は1診の時に比べると半分ぐらいになってる。普通の会話ではまたに音がするぐらいになった。
前回と同様の施術をして終了。
3~5診も同様の施術をした。会話での音はもうほぼ聞こえなくなっている。大きな口を開けるとまだガクっと音がなる時がある。
6診 同様の施術をし、お尻のツボに鍼をし、口も開けやすくなり、音もほぼ聞こえなくなった。
会話中、口開けての音はほぼなくなり、食事をしていても音はしなくなった。寝たまま食事をしたりするとまだ音はするが日常生活ではさほど気にならなくなったので治療を終了した。
現在も他の事で通院中だが、アゴの調子は良い。
主に使用したツボ、活法
養老R、T4(3)R、T7(2)R、膀胱兪R

考察
アゴが鳴るからといってアゴが原因とは限らない。頭を支えている首、背中、腰、その下の骨盤の影響なども考えないといけない。
それらの連動が回復するば顎関節症は改善する事は多い。