タグ別アーカイブ: 鍼灸,整動鍼

整動鍼とは

https://i2.wp.com/hari-shirao.com/cms2/wp-content/uploads/flower_kasumisou-1.png?resize=76%2C77

連動性を取り戻す

身体は個々の筋肉が個別に働くわけではなく、連動することで特定の動作を生み出す。たとえば、歩く時に、大腿四頭筋と腓腹筋を順番に収縮させる意識を持つだろうか。少なくとも歩行にそのような意識は必要ない。歩くという動作に必要な連動が自然に導き出されているのである。

歩くにしても走るにしても、個々のパフォーマンスに差はある。とはいえ、基本的な連動パターンは普遍的である。痛みを伴う多くの運動器疾患では、この普遍的連係に狂いが生じている。この普遍的連動を取り戻すことが、整動鍼の基本的な発想である。

歪みを正す

整動鍼における歪みの定義は、活法と同じである。歪みは、動きの中心がズレているものと定義する。歪みを正すとは、動きの中心を取り戻すことである。静止状態で真っ直ぐかどうかより、動作時に中心が作れるかどうかを優先する。静止状態での歪みをズレと言うならば、動作時の歪みはブレと言える。整動鍼では、活法と同様、静的バランスより動的バランスを優先する。

動きで痛みを取る

一般的には「痛みがあるから動かない」と認識されていると思われる。整動鍼では、活法に準じ「動きの止まったところに痛みが出る」と考える。動きが出れば痛みは消失する、もしくは軽減する。

技術の特徴

整動鍼で使用する穴は、ごく一般的なものから独自なものまである。いずれにしても、基本的には筋肉(or筋膜)にアプローチする。過緊張状態の筋肉を緩めて動作の統合性を回復させる。原則的に痛みの局所は用いず、遠隔からの刺激によって患部の改善を図る。

小刺激

使用する穴は少数を理想とする。1穴に対する反応(動作、硬結)を確認しながら施術を行う。無駄な刺激を避け、自己回復力を最大限に引き出す。

短時間

原則は1穴に単刺を行った後、直ちに、局所の硬結、関節の可動域、患者の認識(自覚)を前後で比較する。

動作分析と硬結(圧痛)

痛みの位置から直接的に穴が決まる場合もあるが、痛みを誘発する動作や姿勢が穴を決めるヒントになる。痛みの局所とは別に発生している硬結(圧痛)の位置が重要であり、そこが治療点となる。関連する硬結は、痛みの位置から自動的に導けることが多い。

碓井流活法との関係

整動鍼は、碓井流活法の理論と実践をヒントに組み立てた鍼術である。純粋に碓井流活法の鍼バージョンかといえば、そうではなく、従来の鍼灸理論の影響も受けている。

整動協会

 

肘痛、手の痛み

 

30代肘の痛みでお困りでした

30代 女性 軽い指の痛み

症例4

 

 

症例3 コップも持てない肘の痛み

施術回数 1回

3週間前に仕事で30キロぐらいの米びつを持ち、なかなか持ち上がず、無理をした。その翌日から右肘が痛くなり、しばらくしたら治ると思い、ほっておいたがなかなか治らず以前当院に通いよくなった経験から連絡を頂いた。

 

 

 

症例2  腕を伸ばすと痛い肘の痛み

患者 
70代 男性
来院 
2018年6月
来院理由と症状
重たい鉢を持った翌日から腕を伸ばすと肘に痛みが走り、このまま悪くなってはいけないと考えた。以前当院に腰痛で通院していて、この度肘が痛くなり来院した。

治療内容と経過
1診目 問診での重たい物を持った後から痛くなったのを背中に負担がかかったと考え、背中のツボに鍼をし、腕を動かしてもらった。痛みはあるが少し楽との事。次に肩甲骨のツボに鍼をした。痛みはあるが腕が伸ばしやすくなったので施術を終了した。
2診目 1週間後、腕を伸ばす時の痛みは少なくなった。物を取ろうとして腕を伸ばした状態で物を持つと痛みが出る。前回と同様の施術を行った。
3診目 1週間後、物も取れる様になり、日常生活では支障がなくなったので施術を終了した。
主に使用したツボと活法
ツボ T5(3)R,ふくら3,
考察
今回は重い物を持った事によって背中、肩甲骨への負担がかかり、肘に痛みが出てしまった症例だった。連動を回復させてあげる事により素早く痛みを取り除くこともできる。

症例1  右手五指ともに引っかかり、少し痛みがあり、曲げ伸ばしができない

患者
100歳 女性

症状と来院理由 
もともと別の主訴で往診に伺っていた。いつ頃なったかわからないがもう昔から指が引っかかる。特に親指と小指がひどい。曲げてしまうと反対の手で伸ばしてあげないと伸びない。


治療内容と経過
1診目 背中の2ヵ所緊張したコリに鍼をし、しばらく手を握ったり、開いたりする動作を繰り返し少し置鍼を行った。だいぶ動きやすくなったので施術を終了した。


2診目 5日後 右手の指の調子は良く、同様に施術しバネ指の施術を終了した。

主に使用したツボ
T1(1)、T5(1)
考察
指の問題は脊柱の動きの関係が深く、指ばかりに注目していてもなかなか改善しないことがよくある。発現点(痛い所)と原因点は違うのでそこをしっかり見極めていきたい。