タグ別アーカイブ: 鍼灸、整動鍼、活法、突発性難聴

突発性難聴、耳鳴り

 

突発性難聴とは?

ある日突然耳が聞こえなくなってしまう突発性難聴。診断の基準は「原因が分からない」ことです。
医師が、難聴の原因と考えられるものを一通り調べ、それでも原因が分からないときに、突発性難聴と診断されます。


耳は三つに分けることができます。
外耳
中耳
内耳 

 


外耳:音は空気の振動です。まず、耳介(じかい)は音波を集めます。外耳道は音波を中耳(ちゅうじ)に伝える部分です。外耳道はラッパの管のように音を増幅させる効果があります。
中耳:鼓膜の奥には鼓室(こしつ)があり、鼓膜には3つの耳小骨(鼓膜に“ツチ骨”・次に“キヌタ骨”・最後に“アブミ骨”)がつながっています。鼓膜に音が当たって振動すると、鼓膜に付着している耳小骨を経由して内耳に伝わります。耳小骨は、てこの原理で鼓膜の振動を約3倍にして内耳に伝えます。増幅器の働きですね。
内耳:内耳は聴覚(聞こえ)を担当する蝸牛(かぎゅう)と平衡感覚(バランス)をつかさどる前庭(卵形嚢・球形嚢・三半規管)からできています。グルグル・クニャクニャしていますので、迷路とも呼びます。英語ではラビリンス。神秘的でしょ。
蝸牛とは“かたつむり”のことで、その形から名前が来ています。
蝸牛にはリンパ液が入っていて、耳小骨の振動でリンパ液が揺れ、その揺れを感覚細胞(有毛細胞)がとらえて電気信号に変え蝸牛神経に伝えます。神経は電気で伝わります。

有毛細胞は蝸牛の内側に並んでいて、その場所によって担当する周波数(音の高さ)が違います。つまり、それぞれの持ち場があるということです。
電気信号は、蝸牛神経を通って大脳に伝えられ、大脳皮質の聴覚をつかさどる部位がその信号を認知・処理した時『音が聞こえた』と認識し、それが何の音なのかを識別します。
さて、内耳には聞こえだけでなくバランスもつかさどっています。卵形嚢・球形嚢は耳石系(先に石が載っている短い毛が密生しています)と呼ばれ、直線方向の動き・重力・遠心力を感知します。三半規管は回転運動を感知します。この信号は前庭神経に伝わります。センサーが過敏であればちょっとした頭位の変化を大げさにとらえてしまいグルグルまわりますし、鈍感であれば適切に頭位の変化を捉えることができずにバランスがとりにくくなってしまいます。また、前庭神経自体が傷害されても平衡障害をきたします。

原因は?

先ほど原因は不明と書いてありますが、いくつかある原因の中でも最も有力だとされているのは「内耳の血行不良」です。
内耳には、耳に入ってきた音を
脳に伝わる信号に変換する細胞と、信号を脳へ運ぶ神経細胞があります。
これらは、細胞なので、血液が運んでくれる酸素や栄養素をエネルギー源としています。
血流が低下すると、エネルギーが不足し、仮死状態のようになって働かなくなってしまい、音の情報が脳に伝わらなくなり、聞こえなくなるのです。

当院では内耳の血流改善を目的に治療を行っていきます。

なぜ血流が阻害されるのか?

その原因も正確にはわかってはいません。ですが突発性難聴・耳鳴りの治療をしていると、患者さんに共通する特徴があることに気づきます。
肩から首、そして耳の周りにかけての筋肉の緊張(コリ)が非常に強いのです。

筋肉の過度の緊張は、血管を締め付け、血行不良を招きます。
肩・頚・耳周りにある緊張が、耳の奥深くまでつながり、内耳の血流が遮られているため、突発性難聴が発生していると考えられます。

突発性難聴・耳鳴り治療に鍼が得意な理由

鍼治療は、筋肉の緊張を緩め、血流改善させるのを得意としています。
鍼治療は、厳選されたツボに精度の高い施術をすることで、狙ったコリだけ緩めることも可能です。

耳の周りには鍼はしない

耳の奥の血流を改善させるって言ってるのに耳に鍼しないの?と思われるかもしれません。
実際にそのような方法で治療している鍼灸院も多くあります。
確かに耳の周りに鍼をした方がいいような気がしますが、このやり方では、思うように改善率は上がりませんでした。
耳の奥の血流(緊張)を改善するには耳から離れた手足、背中などのツボを使った方が効果的であるという事が分かってきました。

少ない鍼の本数

当院では一回の治療で使う本数は3~7本です。
これは他の鍼灸院と比べると少ない方だと思います。ピンポイントで耳の奥の血流改善を狙うためです。
また、関係のない部分まで影響が分散しないようにと考えています。なので少ない本数の方が効果高いと考えています。

また、鍼の本数が少ないと、身体への負担も減らすことができ、回復も早まります。

顎関節の調整

内耳と顎関節には密接な関係があると考えています。

顎関節の動きを調整してあげる事により内耳の奥の血流改善が見込めます。
病院では対応されない部分でもあります。
顎関節に関わる筋肉は全身にあるため、全身の骨格バランスを整える視点も必要となります。

実際に、自覚他覚問わず顎関節に問題を抱えている方が突発性難聴になるケースも少なくありません。

首こり、肩こり原因を

突発性難聴・耳鳴り治療には、首こり・肩こりを解消し、顎関節のスムーズな動きを取り戻すことが欠かせません
首こり・肩こりを生み出しているのは、身体の動きの歪みです。
そのため、コリそのものに施術を加えても、原因が解決されるわけでは無いので、一時的な変化にとどまります。

当院ではコリ(緊張)から離れた手足、背中などのツボを使って全身を調整し、コリ(緊張)ができにくい作って行きます。

持参して頂く物・聴力検査の結果(オージオグラム)

・お薬の内容がわかるもの(おくすり手帳)

 

通院について

突発性難聴とそれに伴う耳鳴りでは、早く確実に内耳の血流を取り戻すため
週に1~2回の施術が必要です。

・まず、5回を1クールとさせていただき、耳周辺の変化を感じる事ができば良くなる兆しです。
継続する事で改善の可能性があります。

・治療期間は中長期になります。1か月~3か月ぐらいが目安です。

・耳鳴り単独の場合は、週1~2の通院が必要です。

 

聴力が落ちるときは一瞬ですが、回復には時間がかかります。
ゆっくり回復することをあらかじめ知っておくと、焦ることもありません。
また、聴力が回復した後に耳鳴りが残る場合があります。耳鳴りに対しても焦らず治療していきましょう。

できるだけ早く治療を始める事をおすすめします。

 

実際の突発性難聴の症例

 

突発性難聴、耳鳴り


症例3

症例2

症例1 耳鳴りを伴う突発性難聴

患者
50代 男性

来院
2018年 3月

2018年 3月

症状と来院理由突発性難聴の症状が出る一週間前に中耳炎になり、夜中に耳が痛くて起きた。それから左の耳が聞こえにくく、耳鳴りを感じる。特に高い音が聞こえない。めまいもあり、
耳鼻科に受診後、鍼灸が耳の治療にいいと知り、ホームページで当院を見つけ来院した。
肩こりもあり、左のお尻の辺りも痛みがある。

突発性難聴の症状が出る一週間前に中耳炎になり、夜中に耳が痛くて起きた。それから左の耳が聞こえにくく、耳鳴りを感じる。特に高い音が聞こえない。めまいもあり、
耳鼻科に受診後、鍼灸が耳の治療にいいと知り、ホームページで当院を見つけ来院した。
肩こりもあり、左のお尻の辺りも痛みがある。

治療内容と経過
1診目 まず首の硬さ、緊張を触診し、そこに関係している足首のツボに鍼をした。次いで首の動きをみてみると首を左傾ける、後ろに反らす動作に違和感と痛みがある。手にあるツボに鍼をした。少し違和感が軽減し、お尻にあるツボに鍼をし、肩こりも楽になったので治療を終了した。

1診目 まず首の硬さ、緊張を触診し、そこに関係している足首のツボに鍼をした。次いで首の動きをみてみると首を左傾ける、後ろに反らす動作に違和感と痛みがある。手にあるツボに鍼をした。少し違和感が軽減し、お尻にあるツボに鍼をし、肩こりも楽になったので治療を終了した。

2診目 めまいはだいぶよくなった。耳鳴りは相変わらずで、難聴もあまり変化ない。日常生活では特に女性の小さな声、やららかい口調の声が聞き取れない。肩こりは耳が気になっているのか感じ事が少なかった。前回と同様に治療をした。
3診目 前回は家に帰って少し聞こえ方が少し良い感じがした。耳閉感はある。音が二重に聞こえていたが少し気にならなくなった。聞こえ方に左右差は顕著にあるが前よりは良い。
高い音の少し良い感じがする。腕時計の秒針が左が全く聞こえない。
4診目 耳鳴りはなっているが少しマシになった感じがする。高音キーンとなっていたのが少し低くなった感じ。耳閉感も良く以前は反響して聞き取りにくかった私の声もはっきり聞こえるようになった。カーステレオの音量を下げても聞こえる様になった。今回はふくらはぎのツボに鍼をした。
5診目 女性の声も聞き取りやすくなった。静かな部屋、就寝時には耳鳴りが気になるが日常生活ではわりと気にならなくなった。以前に比べて聞こえ方の左右差が少なくなってきている。高い音が聞き取りにくい、(換気扇の音、指のこすれる音など)疲れていると聞こえ方が悪くなる、朝は調子がいい。聴力検査でも左右差が少なくなってきている。
6診目 日常生活ではだいぶ良くなってきた。ただ周りがうるさいと人の声が聞き取りにくく疲れてしまう。左右差はやはりある。耳鳴りは静かな所では感じる。肩こりの感じは以前よりは感じなくなった。
7診目 耳鳴りはしている。気にしなければ気にならなくなった。聞こえ方は高い音が少し聞き取りにくい。以前腕時計の秒針が聞こえなったが聞こえるようになった。日常生活では困る事は少なくなった。首の側面に緊張があったので手のツボに鍼をした。


主に使用したツボ
水泉、大鐘、六谿、中渚、懸鐘、膀胱兪、承山

水泉、大鐘、六谿、中渚、懸鐘、膀胱兪、承山

考察
突発性難聴になって10日ぐらいで来院して頂いたので聴力も耳鳴りも0ではないが以前と比べて改善し、日常生活ではあまり気にする事なく生活できるようになったので治療を終了した。突発性難聴の治療では早いうちからの治療の方が改善が見込める。耳の治療では首、肩の緊張を局所ではなく首肩に緊張を作っている原因の部分をピンポイントで緩めて内耳の血流を改善してあげる事が大事である。