作成者別アーカイブ: kanri

当サイトへのリンクについて

当サイトへのリンクをご希望の方は恐れ入りますがお問合せフォームよりご連絡ください。
また、当サイトのコンテンツ(画像・文章等)の無断使用はお断りいたします。
しらお鍼灸院バナー

保険治療について

** 保険治療をご希望の方へ **

保険対象疾患

現在、鍼灸施術において保険治療が認められているのは、

 

  • 腰痛症
  • 神経痛
  • 五十肩
  • 頚腕症候群(肩こり)
  • 頚椎捻挫後遺症(むちうち)
  • リウマチ
  • その他、医師の同意を得た慢性的な痛みを伴うもの(変形性膝関節症など)

上記に当てはまる症状、その他これらに類似する疾患のみに適応され、
このうち、一疾患のみが保険適応となります。
その他の症状でお悩みの方も、一度お気軽にご相談下さい。

複数部位の治療をご希望の方は時間をかけて治療を行う実費治療をお勧めいたします。

 

保険治療の流れ

鍼灸院にて、同意書をお渡しします。 1.鍼灸院にて、同意書をお渡しします。
その際、保険治療の該当する疾患かどうかの確認と説明を行います。
※疾患、加入されている健康保険の種類によっては保険治療の適応外の場合があります。
※病院での治療(シップや痛み止め等の投薬やリハビリを含む)や整骨院などで、同部位を治療中の場合は、重複診療となりますので、保険治療を行うことはできません。
保険証,同意書を持って、掛かりつけの病院へ 2.保険証,同意書を持って、掛かりつけの病院へ
(医師の診察後、同意書の交付を受けます。)
同意書,保険証を持参していただいて鍼灸院へ 3.同意書,保険証を持参していただいて鍼灸院へ
保険治療 開始 4.保険治療 開始

 

同意書について

・一度同意書を交付して頂ければ、同意期間の範囲で保険治療が可能となっているので、
慢性症状等で継続して治療を受けられる方にお薦め致します。

・同意期間終了後、継続して治療を希望される場合は、
再度医師より同意書を交付してもらうことで保険治療が受けられます。

・一定期間、治療期間があくと同意書を再度取得していただく必要がありますのでご注意ください。

・ただし、保険ではあくまでも同意書に記載されたものだけの局所治療になってしまいますので予めご了承ください。

往診治療について


** 往診をご希望される方へ **

しらお鍼灸院では、健康上の理由により通院が困難な患者様に対し
お宅や介護施設等へ訪問(往診)して治療をしております。

健康保険を利用した往診治療

介護を受けている方、障害をお持ちの方、
歩行困難で治療院に通い辛い方に健康保険を利用した往診治療を行っております。
介護保険の枠を気にせずご利用いただけます。

※ショートステイ先への訪問(往診)は認められておりませんのでご了承下さい。

 

往診治療の流れ


1.お電話  

しらお鍼灸院 ☎086-265-5804 までご連絡下さい。
その際「往診希望とお伝え下さい」
現在の状況をお聞きして、健康保険を利用しての往診治療の決まり事等、今後の流れをご説明いたします。

 

2.必要書類の準備 

医師への依頼状・同意書をご用意しお渡しいたします。
保険での往診治療を行う為には医師の同意書が必要になります。
主治医の先生か、かかりつけの医師に記入してもらって下さい。
※はりきゅう保険での治療を受けている期間中、
他の医療機関で同じ対象疾患の治療やお薬の処方はできない決まりとなっています。

 

3.日程の調整  https://i0.wp.com/hari-shirao.com/cms2/wp-content/uploads/medical_houmon_iryou_man.png?resize=120%2C103  

同意書の記入ができましたら当院までご連絡下さい。
往診の日程を調整させていただきます。

 

往診料金について

往診料金はしらお鍼灸院の治療院から、往診に行かせていただくご自宅までの
直線距離により異なります。

:しらお鍼灸院からご自宅まで直線距離4キロ未満の方
初回(1割負担)・・・約600円程度
2回目以降(1割負担)・・・約400円程度

詳しい料金等のお問い合わせは、一度お電話にてご確認下さい。

 

よくある質問(Q&A)

Q. 鍼灸はどんな症状に効くの?

A. WHO(世界保健機構)で鍼灸で効果のあると認定している疾患を掲載しております。

神経系疾患

 神経痛 ・ 神経麻痺?・ 痙攣 ・ 脳卒中後遺症 ・ 自律神経失調症
頭痛 ・ めまい ・ 不眠 ・ 神経症 ・ ノイローゼ ・ ヒステリー

運動器系疾患

 関節炎 ・ リウマチ ・ 頚肩腕症候群 ・ 五十肩 ・ 腱鞘炎 ・ 腰痛
外傷の後遺症(骨折 ・ 打撲 ・ むちうち ・ 捻挫)

循環器系疾患

 心臓神経症 ・ 動脈硬化症 ・ 高血圧 ・ 低血圧症 ・ 動悸 ・ 息切れ

呼吸器系疾患

 気管支炎 ・ 喘息 ・ 風邪および予防

消化器系疾患

 胃腸病(胃炎 ・ 消化不良 ・ 胃下垂 ・ 胃酸過多 ・ 下痢 ・ 便秘)
胆嚢炎 ・ 肝機能障害 ・ 肝炎 ・ 胃十二指腸潰瘍 ・ 痔疾

代謝・内分秘系疾患

 バセドウ氏病 ・ 糖尿病 ・ 痛風 ・ 脚気 ・ 貧血

生殖・泌尿器系疾患

 膀胱炎 ・ 尿道炎 ・ 性機能障害 ・ 尿閉 ・ 腎炎 ・ 前立腺肥大 ・ 陰萎

婦人科系疾患

 更年期障害 ・ 乳腺炎 ・ 白帯下 ・ 生理痛 ・ 月経不順 ・ 冷え症 ・ 血の道 ・ 不妊

耳鼻咽喉科系疾患

 中耳炎 ・ 耳鳴 ・難聴 ・ メニエル氏病 ・ 鼻出血 ・ 鼻炎 ・ 咽喉頭炎
ちくのう ・ へんとう炎

眼科系疾患

 眼精疲労 ・ 仮性近視 ・ 結膜炎 ・ 疲れ目 ・ かすみ目 ・ ものもらい

小児科疾患

 小児神経症(夜泣き ・ かんむし ・ 夜驚 ・ 消化不良 ・ 偏食 ・ 食欲不振 ・ 不眠)
小児喘息 ・ アレルギー性湿疹 ・ 耳下腺炎 ・ 夜尿症 ・ 虚弱体質の改善

Q. 治療中の服装について

A. 当院では治療着等も準備しておりますが治療の際は患部がでやすい服装でお願いします。
(例)肩こりならキャミソール、膝痛なら短パン等
詳しくは電話にてお気軽にお尋ねください。

Q. 鍼の管理

A. 当院の鍼はすべてディスポ鍼(使い捨て)を使用しておりますので、
衛生的にも安心していただけます。

Q. 鍼は痛くないですか?

A. 当院の使用する鍼は1番鍼(太さ0.16mm)で髪の毛ほどの太さを使用していますので
ほとんど痛みがありません。
鍼灸治療が初めての方でも安心して治療を受けていただけます。

Q. お灸は熱くないですか?

A. 当院では直接肌にお灸をする事はありませんので火傷の心配はありません。
電気温灸器を使い気持ちよい暖かさですので、安心して治療していただけます。

Q. 治療後の入浴について

A. 治療前後、1時間は入浴を控えてください。

Q. 鍼灸師とは

A. 高校を卒業後、大学や専門学校に3年~4年通い身体についてしっかり勉強し、
その後国家試験に合格した者のみが鍼灸師として働く事が出来ます。
整体師やカイロプラクティックとは違い、厚生労働大臣より認定を受けていますので
安心して治療を受けていただくことが出来ます。

 

 

治療時間について

** 治療時間のご案内 **

治療時間
9:00~
13:00

最終受付
12:00
15:00~
20:00

最終受付
19:00
往診 往診 往診
  • 火、木、土は午後から往診になります
  • 日・祝日は休診となります
  • 完全予約制のため治療希望の方は一度ご連絡ください

    📞086-265-5804  ご連絡お願いいたします


 

 

治療費について

実費治療料

実費料金 初診料 再診料
一般 5,000円 4,000円
学生 4,000円 3,000円

・消耗品、鍼代を含みます
複数部位の治療をご希望される場合は実費治療をお勧めいたします

paypayが使えるようになりました。

 


保険治療料

保険料金 初診料 再診料
1割負担 327円 161円
2割負担 654円 322円
3割負担 981円 483円

・消耗品、鍼代を含みます
・保険治療をご希望される場合「医師の同意書」が必要になります
保険治療をご希望される方はこちらをご覧下さい・・・保険治療について
・往診料(保険)は治療院からご自宅(施設)までの距離により変わりますので一度お電話にてお問合せ下さい