逆子

鍼灸院の口コミサイト「しんきゅうコンパス」

** 28週すぎて逆子といわれた妊婦さん **

当院では逆子の治療も得意としています

 

逆子(骨盤位)

逆子とは、子宮内で胎児の頭が下向きではなく、上や横を向いている状態をいいます。
赤ちゃんは出産時、頭を下にして頭から産道を通り抜けるため、頭は子宮口を向いています。
しかし、逆子で上を向いていると自然分娩がしづらく、帝王切開になる可能性がでてきます。
出産時まで逆子が続く確率は3?5%とされています。

逆子の原因

□母体側

・胎盤の異常(前置胎盤、低置胎盤等)
・子宮の異常(子宮筋腫、双角子宮等)
・骨盤が小さい
・羊水の量(多い、少ない)

□胎児側

・多胎妊娠、奇形等

これらの原因があると胎児は子宮内で動きづらいと言われていますが、
はっきりとした原因が判明しているわけではありません。

 

 

 

逆子対策

1逆子体操

逆子の対処方法として最もポピュラーなものが「逆子体操」です。
お腹の赤ちゃんが動きやすいような体勢にすることで赤ちゃんが自ら動いてくれることを期待します。
妊娠28週を過ぎてから指導されることが多いです。

2横向きで寝る

赤ちゃんが回転しやすいように、腕も下にして横向きに寝る姿勢のことです。
赤ちゃんの背中がママの右側の場合は⇒ママの左腕を下に、
赤ちゃんの背中がママの左側の場合は⇒ママは右腕を下にして寝ます。

3冷え対策

お母さんの体が冷えることで血流が悪くなり、胎児の動きを鈍らせると言われています。
下半身を冷やさないような服装で過ごすことが大切です。

4外回転術

医師がお腹の上から赤ちゃんに手を添え、赤ちゃんを回転させて位置を直す方法です。
施術をする病院は限られており、万が一の場合は緊急帝王切開に切り替える準備をして行います。

5鍼やお灸

鍼やお灸でツボを刺激し、体内の血流を促すことで、子宮の筋肉の緊張を緩和する方法です。

 

東洋医学的な逆子の考え

東洋医学は陰と陽のバランスを重視する医学です。
陰陽のバランスが崩れることで体の不調や不具合が起こると考えます。
特に逆子の場合は、母親と胎児の陰陽バランスが崩れた状態考えています。
お母さんの身体は『頭寒足熱』の状態が陰陽のバランス取れている状態です。
その状態が崩れてしまうと様々なトラブルが起きます。逆子もその一種と考えられています。
母体と胎児を陰陽のバランスで考えると、お母さんの頭と胎児の足がセットです。

しかし、逆子になるとお母さんの頭と胎児の頭がセットになります。これは陰陽のバランスが崩れていると言えます。
上下のバランスだけではありませんが、母体と胎児を陰陽のバランスを整える手段として、鍼灸は有効といえます。
この陰陽バランスを崩す原因として考えられるのが、母体の冷えです。

 

冷えと逆子

お母さんの頭ののぼせもなく、足が冷えてない温かいのが理想的な「頭寒足熱」にならないことで胎児との陰陽バランスが崩れると解説しました。
外気からの冷えだけでなく、内臓の冷えにも注意が必要です。
冷たい食べ物や飲み物を取り胃腸が冷えることで、胃のすぐ近くにいる胎児にも冷えが伝わり、自由な動きを妨げる原因となります。

 

 

その他の要因

ストレスや疲労等も要因として考られます。
おかあさんの身体が無理をすることでバランスが崩れてしまう事もあると考えられます。
妊娠中は穏やかに過ごす事ができればいいのですが、現実はそうはいきません。

 

当院の逆子の治療の方針

当院には妊娠28週~35週くらいで来院される方が多いです。
35週を過ぎると直りにくくなりますので、逆子がわかった時点で鍼灸施術を受けられることをおすすめします。

施術は鍼灸と整体を組み合わせて行います。
お腹へ鍼や整体を行うことはありませんのでご安心ください。
座った姿勢もしくは仰向けで、手足のツボを用いて施術を行います。

子宮の中にいる胎児を動かそうとする意識で鍼灸を行うわけではありません。
ツボに胎児を動かす力があるわけではなく、胎児が自ら居心地のいい場所へ動いてくれるよう誘導することがツボの役割です。逆子の妊婦さんはお腹に張りがある方が多いです。
その張っているお腹を緩めて赤ちゃんの動くスペースを作ってあげるように心がけています。

鍼灸にできることは、母体の不調を改善することです。
母体の不調が改善することでお腹も整い、子宮も整います。その結果として胎児に影響を及ぼすと考えています。

逆子の治療と一緒に安産灸もさせて頂きます。
またご自宅でのお灸のやり方も一緒にご説明させて頂きます。

 

 逆子の問い合わせの際には
いくつか質問をさせていただきます       

・妊娠週数(何か月ではなく週数を教えて下さい)
・いつから逆子か
・出産予定の医療機関
・担当医の許可(口頭でもかまわないので必ず許可をもらってください)
・受診している医療機関から注意されている事の有無
・何人目のご出産になるか
・健診時に医師から下記の可能性があると言われた事があるか
低置胎盤、前置胎盤、子宮奇形、多胎児等

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 整動鍼とは

  2. その他

  3. 膝痛、足の痛み

  4. 腰痛

  5. 顎関節症

  6. 突発性難聴、耳鳴り

LINEでのご予約、お問合せもできます

友だち追加

ネット予約も受付しています

ネット予約